初めてのバイトは不安・・・応募前にチェックしておきたいこと!

どうやって選ぶ?バイトの選び方!

初めてのバイト、どんなものを始めればいいか迷いますよね。そこで、バイト選びのポイントをご紹介します。まずはバイトの仕方です。バイトの体系には大きく分けて長期バイト・短期バイトの2種類があります。バイトと言ってイメージするのは長期バイトの方だと思います。一つのお店で長期的に働き、週や月ごとのシフト制で動きます。月ごとで安定的に収入を得ることができます。一方の短期バイトは一定期間だけアルバイトとして働くものです。夏休みなどの長期休暇の間のみに働いたり、自分のやりたい時にだけ派遣などを利用してアルバイトを行います。百貨店やホテルなどは、夏休みやバレンタインなどのイベント期間のみに短期のバイトを募集していることも多いです。普段は長期のバイトのみを行い、お金が必要な月は短期や派遣のバイトを組み合わせる人もいます。自分のライフスタイルや理想の働き方に合わせてバイトの形を選んでください。

ここは見ておきたい選び方のポイント!

飲食店や小売店の接客業求人は常に出ていますし、事務系のバイトもあります。接客業は人と接するのが好きな方へお勧めですし、事務系のバイトは電話対応やパソコンスキルが身に付きます、将来やりたい関係のお店でバイトをしてみるのもいいですね。バイトの形式や仕事内容が決まったら、いざバイト先探し!後悔しないために確認しておきたいポイントを紹介します。やはり気になるのは時給、月に稼ぎたい金額をバイトに充てる時間内に稼ぐには時給どれぐらいのものがいいのかを考えてみましょう。飲食店などは時間帯や曜日で金額が変わるので注意してくださいね。次に確認したいのが営業時間です。見落としがちですが意外と重要、営業時間+1時間程が勤務時間になる場合が多いですが、コンビニや居酒屋など遅くまで営業しているお店は希望しなくても遅い時間に入らなければならないことも出てきます。それも予想し、自分が勤務できる時間帯かどうかを確認しておきましょう。勤務地については、家から近いのか学校から近いのか入る曜日によっても通いやすい場所が変わるので通いやすい範囲でさがしてください。他にも自分なりのポイントを見つけてバイト探しをしてみましょう。

ちょっと待った!そこでいい?

応募する場所を決めていざ電話!でもその前にそこで大丈夫ですか?応募前にいくつか確認をしておきましょう。おすすめは下見、事務系のアルバイトは難しいですがお店ならばお客さんとして来店してみましょう。ここで様々なことがわかるのです。まずは服装、私服でバイトをするのか制服があるのか髪色は大丈夫か、学生は特に気になりますよね入ったら髪が染められない!となっては困りますし、気に入った制服なら気分も上がります。重要なのがお店の雰囲気!店員さんを見てその人たちと一緒に働きやすそうかや仕事はイメージしていたものとかけ離れていないか、じっさいに働いた時のことを想像して確認してみることで応募後のミスマッチを防ぐことができます。その他にもホームページなどでお店を確認してみたりお店の評判を確かめてみるのもいいかもしれません。納得して応募し、自分に合った職場でバイトをスタートしてくださいね。

ネットワークエンジニアは、インターネットのシステム上のトラブルの対処をする専門家として国内外で期待されています。