英語を使った仕事でキャリアアップを目指してみよう

英語が必須な求人は年々増加傾向に

日本の企業もグローバル化が進み、多くの企業で英語が話せる人材を探す様になりました。そのため求人の中で英語が必要な求人は数多く掲載されており、英語が話せる人はそのスキルを存分に活かす事が出来るでしょう。外資系企業に限らず、日本企業でもその傾向にあり、社内公用語が英語という企業も出てくる程、英語人材への注目の高さがうかがえます。この様に英語を話せる事で今後のキャリアの幅が広がり、選択出来る企業や仕事が増える事でしょう。

英語の転職で必要な物とは

英語に関する仕事で転職活動をする際には、必ず英語の履歴書を準備しておきましょう。英文レジュメと言われる事もあり、日本の履歴書とは形式が少し異なります。過去の経歴やその人が持つスキルを中心に書かれたレジュメとなり、数枚で一つのレジュメとなります。海外では差別をしないためにも顔写真を載せないのが一般的ですが、日本で利用する分には写真を添付しておいても良いでしょう。面接に進む際には必ず必要ですので、まずは英語のレジュメの準備から始めましょう。

英語での面接も覚悟しておきましょう

外資系企業の場合は数多くの外国人が在籍している事も多く、実際に英語で面接が進むケースもあります。そのため、必ず事前に英語での面接対策をしておきましょう。質問に対してある程度英語での回答を準備しておく事で本番で悩む事も無くなるかもしれません。いくらTOEIC等の点数が高くでもこの英語面接で英語スキルが問われますので、非常に重要な選考となります。ネイティブな英語でなくても、コミュニケーションが取れるだけの英語スキルは必須となるでしょう。

英語の転職が活発に行われている理由として、海外進出をしている企業で勤務をすることで、翻訳業務などに携わりながら、長期的に恵まれた待遇のもとで働き続けられることがあります。